屋形船で披露宴

日本を感じる屋形船

屋形船で披露宴

屋形船で披露宴 屋形船といえば観光や宴会といったイメージが強く、あまり若い層には馴染みがないかもしれませんが、実はその歴史が古いことをご存知でしょうか。
原型となるものは平安時代からはじまり、江戸時代にかけて川や堀が整備されたことにより庶民の粋な遊びとして親しまれてきました。
現在では、屋形船も若い人でも楽しめるプランや利用しやすい環境に変化しつつあり、徐々に注目を浴びるようになっています。
その中でも、ここ数年和装での結婚式を挙げるカップルが多くなってきたこともあり、神前式とあわせて屋形船で披露宴をするプランが人気です。船によっては最大50名まで乗船可能なものもあるため、親族だけの少人数で式を挙げたいカップルから、少しくらい友人も呼びたいというカップルまで幅広く対応することができます。
また、席のタイプも座敷に関わらずテーブル席や掘りごたつ席などを完備している船もあるため、お洒落でモダンな雰囲気の中でアットホームな披露宴ができるところも魅力です。
さらに、移動しながらの披露宴になるため、窓からは外の風景を楽しむことができ、遊覧の合間に観光名所をバックに集合写真を撮ったりと、屋形船でしか味わえない演出が新郎新婦だけでなくゲストにも喜ばれています。

日本の伝統的スタイルで

日本の伝統的スタイルで 屋形船とは、日本の古来より続く伝統的な遊覧船です。現在の原型は平安時代からあると言われ、古の貴族たちも優雅に舟遊びを楽しんだと考えられています。
現在では宴会や食事をして楽しむために屋根と座敷を備え、船内では様々な趣向を凝らして乗船客を楽しませています。
屋形船には団体客に貸し切って利用してもらう貸切船と、小グループが混乗して運行する乗合い船があります。いずれにしてもほとんどの場合、予約が必要となります。
季節によって、船上から花見を楽しんだり、優雅に水上から花火を眺めたりと日本ならではの風情を楽しめるため、近年はインバウンド客の増加に伴い、外国人向けの観光バスや旅行会社主催のツアーに組み込まれたりする機会も増加し、好評を博しています。
客席の仕様については、掘りごたつ式の座席やいす式の座席等、様々なタイプの船があり、20名程度で貸切可能な小型船から100名以上乗船可能な大型船まで、バラエティーに富んでいます。
大きく分けると昼の運行プランと夜の運行プランがあり、供される食事の内容と時間の移り変わりに伴う景色の違いがあり、いろいろな楽しみ方があります。
昼の運行時はお弁当とお茶程度の食事を提供することが基本で、夜の運行時は、前菜・刺身・天ぷらといった本格的な料理を楽しめます。もちろんお酒を楽しむことも可能です。

屋形船関連の情報リンク

様々なプランを比較検討できる屋形船情報サイト

屋形船の予約